冷え性改善に期待大!生姜の効能と効果を高める方法

生姜の成分の90%以上が水分です。

そして数%の生姜特有の成分によってこれら「生姜の効能」があると言われています。


しかし、生の生姜と乾燥や加熱した生姜では生姜に含まれる成分が変化するってご存知ですか?

hiesyoukouka0401.jpg
■生の生姜に含まれるのが「ジンゲロール」
■乾燥・加熱した生姜の効能→「ショウガオール」「ジンゲロン」


この生姜の成分によって、生姜の効能が変わってきます。


【生姜の効能】

■生の生姜の効能→「ジンゲロール」の効果とは
・殺菌効果
・炎症(咳などののどの痛み)を緩和する効果
・吐き気、嘔吐を改善する効果
・血流を良くする(手足の冷えを改善する)効果
・コレステロール値、血圧を下げる効果


■乾燥・加熱した生姜の効能→「ショウガオール」「ジンゲロン」の効果とは
・殺菌効果
・ダイエット効果
・冷え性改善(体を心から温める)効果
・痛みを和らげる効果
・ダイエット・美肌効果


なので、風邪の引きはじめには「生の生姜」冷え性の改善には「乾燥した生姜」がそれぞれ効果的と言われているんです。


なので、よく生姜湯の作り方などクックパッドで見かけますが、冷え性の改善目的なら生姜チューブを使った生姜湯より、乾燥生姜を使った生姜湯の方が効果的です。


01ed8f2b9bd22f25f9b4ea14adcf3568_s.jpg


乾燥した生姜に含まれる「ショウガオール」は「ジンゲロール」と比べて「温め効果は約375倍も違う」と言われているので無視できませんよね。


以前、NHKのテレビ番組「ためしてガッテン!」でも生姜について特集されていましたが、普通のしょうがを食べて体温を測定した場合、指先の温度は上がったものの、深部の体温は下がったそうです。

一方乾燥しょうがで実験したところ、指先の温度をかなり上昇させたにも関わらず、深部の体温はほとんど下がらなかったとか。


その結果、乾燥したしょうがのほうが体全体を暖め、冷え性を改善する効果がみられたという実験結果が出たそうです。


こちらでも紹介していますが、「冷え」はそのままにしておくと頭から足まで様々な不調をおこします。(→「放置すると悪化!?あなたは大丈夫?冷え症の具体的な症状」)

しかも、最近ではクーラーが効きすぎている場所も多く、冷え性に夏も冬も関係ありません。


hiesyoukouka0402.jpg


私は冷え性だからとあきらめるのではなく、冷え性改善に良い「乾燥した生姜を使った生姜湯」をまずは試してみましょう!




さらに、生姜にはいろいろな効果が期待されていますが、ちゃんと生姜の効能、調理の方法によって変わる効果を知っておきましょう。

「冷え性の改善には生姜湯が良いんでしょ」

と、毎日生姜チューブで作った生姜湯を飲んでいても、乾燥した生姜を使った生姜湯を飲んでいる人の方が「375倍も効果を得ている」なんてもったいないですよ。


私のおすすめは高知、四万十産の乾燥生姜を使った「温効生姜」がおすすめなので、飲んだ感想などこちらも読んでみて下さい。


hiesyoukouka0403.jpg


★「おすすめは乾燥した生姜を使用&カロリーが市販の生姜湯の約10分の1!温効生姜の公式サイトはこちら」★


★「冷え性改善に効果あり!?温効生姜を実際に飲んでみた感想」★