市販の生姜湯と比較!温効生姜がおすすめ&効果に期待できる理由

実は冷え性改善を期待するなら生姜湯は生姜湯でも「生」のしょうがを使った生姜湯よりも「乾燥した生姜を使った」生姜湯がおすすめなのをご存知ですか?

こちらでより詳しく解説していますが、(→「冷え性改善に期待大!生姜の効能と効果を高める方法」)生の生姜に含まれる成分と、生の生姜を乾燥、熱してできる生姜の成分では効果が若干異なります
hiesyoukouka0401.jpg
■生の生姜→ジンゲロール
■乾燥・熱を通した生姜→ショウガオール、ジンゲロン


そして簡単にいうと、

生の生姜に含まれているジンゲロールには
・血管を拡張させる効果
・殺菌効果
・せきやのどの痛みを緩和する効果

乾燥・加熱した生姜に含まれショウガオールやジンゲロンには
・殺菌効果
・脂肪の燃焼を促進するダイエット効果
・体を芯から温める効果


と、若干効果が変わってくるんです。


なので、冷え性改善が目的なら「断然、乾燥・加熱した生姜」で簡単に摂取できる「生姜湯」を飲むのがおすすめ。

乾燥した生姜に含まれる「ショウガオール」には生の生姜の375倍もの温め成分が含まれていると言われています。


hiesyoukouka0301.jpg

冷え性改善が目的なら、乾燥生姜以外選べないですね^^;


では具体的にどういう生姜湯がおすすめなのかですが、おすすめは「温効生姜」という生姜湯がおすすめ。

何故かというと「市販されている生姜湯のカロリーはジュース並に高いから」

商品によって生姜エキスなどを利用し、乾燥した生姜が使われていない商品もあるからです。


私が近くのドラッグストアで見かけた生姜湯。よくよく見てみると・・・・


hiesyoukouka0303.jpg

hiesyoukouka0304.jpg

hiesyoukouka0305.jpg


生姜ココアや生姜紅茶も見かけたけど、何が入ってるかよくわからない・・・

hiesyoukouka0306.jpg

hiesyoukouka0307.jpg


それに比べて私も愛用中の温効生姜はもちろん「乾燥した生姜」を使用していますし、何が入っているかは箱の裏にしっかり記載されてるので安心です。

何より、市販の生姜湯のカロリーが10分の1なのが魅力的!
(いくらダイエット効果があってもカロリーが高かったら意味がないので)

70カロリー分って(※体重50kgと過程)
家事でいうと
→掃除機15分
→皿洗い10分
→アイロンかけ10分

又は
→サーフィン30分

(参考サイト:http://www.tanita.co.jp/content/calorism/table/index.html


これが毎日・・・地味にカロリー高いには危険ですよね。(気づいたら絶対太ってる!)


しかし、温効生姜は市販の約10分の1で1杯2.3カロリーなのであまり気にしなくていいのはいいですよ。


hiesyoukouka0308.jpg

市販よりはぴりっと辛みがありますが、適度に甘い(砂糖は未使用)ですし大人にはちょうどいい感じ♪
(子供が飲むにはちょっとぴりっとした辛みがありますが)

生姜湯は簡単には作ることができますが、どの作り方も「生姜チューブ(生の生姜)」で作るものばかり。

せっかくの生姜効果を狙うなら断然「乾燥生姜」がおすすめですよ。


★「おすすめは乾燥した生姜を使用&カロリーが市販の生姜湯の約10分の1!温効生姜の公式サイトはこちら」★